人は成人を過ぎると誰もが自分の頭髪のボリューム感が少なからず気になってしまうもの。ある人は自分の両親や親戚に薄毛が多いことから自分も将来同じような症状に見舞われるのではないかと不安に陥り、またある人は数年前に比べるとすでに額のラインが後退しているのを自覚していたり、目に見えて抜け毛がひどくなっていることもあるでしょう。
これらの症状を改善したり、近い将来に訪れるかもしれない薄毛を防いだり、遅らせたりする上でも日々の育毛ケアはとても大切です。これらは決してすぐに効果が出るわけではありませんが、毎日きちんと対策を講じておくことでその努力はいつか大きな実りになってもたらされることでしょう。
そのためにも大事なのは、しっかりと自分の薄毛のタイプを分析し、それにあった対策を行うことです。それではどのような原因があり、どのような対策方法があるのでしょうか。

生活習慣や頭皮の衛生状態をしっかりとチェックすることが重要

薄毛が引き起こされる原因の一つとして生活習慣が挙げられます。例えば仕事や人間関係のストレスや過労、睡眠不足、食生活の偏りなどが頭皮の血行悪化を引き起こしているケースも多く、こうして血液の供給量が減ると栄養分の供給量も減少して頭髪の細胞分裂が鈍化してしまいます。
この場合にはまず悪しき生活習慣をしっかりと自覚して改善していくことが何よりも大切です。そうやって頭髪へのストレスやダメージを減らすことこそが最も効果的な薬となることでしょう。
そしてもう一つありがちなのが、皮脂分泌が頭皮の毛穴詰まりを引き起こし、これが頭皮の硬化や血行悪化などをもたらしているケースです。こうして毛穴詰まりが起こるとそこから伸びる頭髪の成長を阻害するどころか、毛穴を経由して酸素を吸収して細胞分裂を活性化させることもできなくなります。
このようなケースを改善するにはスカルプシャンプーを使って毛穴の汚れをしっかりと洗浄して清潔な頭皮環境を維持することが大きな要となります。

マッサージを施した上で育毛剤を使用することも重要

さらに薄毛対策のために重要なのがマッサージと育毛剤の使用です。まずは入浴時にしっかりと頭皮の汚れを除去し、毛穴も清潔に保つ上でしっかりとマッサージを施します。頭蓋骨と頭皮をズラすようにグッと軽く力を加えつつ、頭頂部に最も遠いところから中心部に向けて徐々に円を狭めていくように指圧を行います。すると頭頂部に向けてポカポカと暖かい状態になっていき血行が改善されているのがわかります。
さらに入浴後にはミノキシジルなどを配合した製品を塗布することで毛細血管が拡張されて血流量とともに栄養分の供給量も増加したり、あるいは栄養分を伴った製品を数滴ほど振りかけることでそれが毛穴から浸透し、毛根部分によりよく行き渡ることにつながります。
このようにして栄養分の供給をしっかりと行うことで、失った頭髪の勢いを再び取り戻すことが可能となるのです。