薄毛やハゲは、性別問わず、一気に見た目年齢を老けさせてしまうので、深い悩みに感じている方も少なくありません。近年ではAGA治療なども登場し、医学の力で薄毛の進行を食い止めることも可能となっていますが、やはり、費用もかなり必要となってしまうので、まずは自分で育毛ケアに取り組みたいと考えている方も多いでしょう。巷には数え切れないほどのヘアケアアイテムが登場していますが、どんなに優れた育毛剤も、頭皮に浸透しなければ意味がないので、まずはしっかりと頭皮の汚れを落とし、発毛しやすい環境を整えてあげることが先決です。植物が良い土に育つように、毛髪も、頭皮が健康でなければならないので、シャンプーを見直し、汚れは落としつつも必要な潤いは残すようにしてあげましょう。

アミノ酸系のシャンプーがおすすめ

汚れをきちんと落とそうとなると、洗浄成分のきついシャンプーを使えばよいのか、と思われがちですが、顔と同じく頭皮も、必要な潤いを取りすぎてしまうと、余計に皮脂量が増えてしまいます。汚れを落としつつも、必要な脂分は残し、肌を乾燥させないということも重要なポイントなので、シャンプーはアミノ酸系のものがおすすめです。市販の安価なシャンプーは、汚れはしっかりと落ちますが、頭皮にとって刺激が強すぎるので、化学薬品が使われていないものを選びましょう。アミノ酸系シャンプーなら、もともとの人間の皮膚の中にあるものと同じ成分で作られているので、潤いを奪いすぎることはありません。乾燥させないので頭皮も硬くならず、柔軟性を取り戻し、その後に入ってくる栄養成分の吸収を高めてくれます。

マッサージを取り入れ血行促進させよう

最近は、育毛剤もかなり改良が重ねられており、医療レベルに、しっかりと発毛効果が期待できる商品も増えています。シャンプーを見直し、頭皮環境を整え、発毛成分をたっぷりと与えてあげることで、健康な発毛サイクルが取り戻せ、抜け毛を減らすことが可能です。その際にはぜひ、頭皮の血行を促進させるように、しっかりとマッサージをしてあげましょう。このひと手間を加えることで、ぐんと吸収率が高まり、発毛成分を余すことなく毛母細胞に届けることができます。朝晩、二回の使用が効果的ですが、この時に頭皮を刺激し血流を促進させると、栄養が隅々まで行き渡るようになります。指の腹を使って、とんとんと叩き込むように刺激を与え、頭皮を動かしてあげましょう。爪を立てたり、毛髪を引っ張るようにするのはタブーです。